クローンタイルシステムJ・D・K プラチナコート復元工法 SIP工法 タイルフィックス工法 アートタイルシステム(特許取得済)


ホーム → プラチナコート復元工法

プラチナコート復元工法

■プラチナコート復元工法

タイル陶片浮き・貼付けモルタル浮き専用全面コーティング工法

プラチナコートFP復元工法は、特殊繊維をブレンドし、塗膜強度を高めたアクリル樹脂系の塗膜材で、壁面をコーティングします。
同時にタイルおよび下塗りモルタル層を専用のステンレスアンカーピンで固定。
タイルの剥落を防止する工法です。

プラチナコートと既存の工法との違い!!

プラチナコート復元工法 「プラチナコートFP復元工法」はタイル壁面全体をアクリル樹脂系透明塗膜でコーティングしてアンカー固定することで、外壁を一体化し、剥落を防止する工法です。

現状の意匠性を残したまま、タイルの剥落を防止できます。

既存工法 既存工法の問題点

二つの工法とも今後のタイル浮き・剥落の予防には効果的ですが、仕上げ材が変わるためタイル意匠を残すことができません。

※工法によってはタイルの貼り替えは可能な場合があります。

プラチナコートFP復元工法を動画でご覧いただけます

その他の特徴 プラチナコートFP復元工法

プラチナコート復元工法

特殊繊維をブレンドしたことで強度が大幅にアップ。
壁面全体がまるで一枚岩となり、長期にわたり耐久性を失わずタイルの剥落を防止できます。
こんなに曲げてもバラバラにならない。



自己洗浄効果のある親水性トップコートの採用により、壁面に付着した塵やホコリを雨水によって洗い流すため、気になる雨だれ跡が付きにくく美しい美観を保てます。

プラチナコート復元工法


プラチナコート復元工法



プラチナコート復元工法

表面塗膜の厚みはありますが、遠目ではほとんど差を感じません。
建物の片面のみ施工した場合でも、見た目で違和感を感じることはありません。

プラチナコート復元工法

艶の異なる3種類のトップコートで現状タイルに近い質感を生み出します。

プラチナコート復元工法


プラチナコート復元工法



プラチナコート復元工法

全面被覆工法で問題となるのが紫外線による変色ですが、「プラチナコートFP復元工法」は、優れた耐候性を持つをもつアクリルシリコン樹脂を主材として使用されるため色っがほとんど変わりません。
長期間にわたり施工当時の色を保ちましす。

プラチナコート復元工法

特殊繊維をブレンドした保護皮膜層は長期間にわたり建物の躯体を保護します。
クラック追従性や塩害・凍害・白華の防止などに効果的で、建物そのもののロングライフに大きく貢献し、建物の財産価値を守ります。


雨水の侵入から守るコーティング

プラチナコート復元工法

プラチナコート復元工法

透明度の高いアクリルエマルションの塗膜でタイル前面をコーティングする工法です。
タイル貼り外壁のもつ意匠性を損なわず、外壁からの雨水の浸入を防ぐ効果があります。撥水剤とは違い水密性の高い塗膜ですので防水効果が高く、建物の劣化防止に貢献します。
仕上げのトップコート(プラチナコートST)は耐汚染性に優れ、汚れが付きにくく、長期にわたりタイル壁の美しさを保ちます。

プラチナコート復元工法

プラチナコート復元工法

コンクリートの打ち放しの建物に最適な、防汚染効果ならびに防水効果を併せ持つ改修工法です。
コンクリートは雨水が浸透することで微細なひび割れを起こし汚染物質が浸入、コンクリートそのものの劣化にもつながります。
このプラチナコートC復元工法は、表面をコーティングすることで防水効果を生み出し、美観を保つと同時にコンクリートの劣化も防止します。


安全環境と施工

適用条件

プラチナコートFP復元工法の施工には以下の条件が必要です。
  • 躯体は鉄筋コンクリート(RC)またはプレキャストコンクリートパネル(PCa)とし、躯体に著しい損傷がないこと
  • タイル素地は磁器・せっ器とし、釉薬の有無は問わない
  • タイル表面に塗料が塗布されている場合は除去が可能なこと
  • タイルの大きさは2丁掛タイル以下のサイズとする
  • タイル表面からコンクリート躯体まで50mm以内であること
  • アンカーピンの引き抜き耐力が1,500Nf/本以上であること
  • 必ずテスト施工を実施して、仕上がり性の承認を頂いてから本施工を実施すること
  • 既存タイルの汚れは必ず薬品洗浄を行うこと
  • 撥水材が施されている(または施されている可能性がある)場合、接着試験を行う

注意事項

施工については以下の注意事項をお守り下さい
  • タイルにより仕上がり時の質感が変わることがあります
  • タイルの目地の意匠性が変わりますので、予めご了承下さい
  • 施工は外気温が50℃以下でお願いします
  • 施工中、施工後の臭気には注意して下さい


ライセンス取得者による責任施工

現場施工にて形成される剥落防止層は、品質管理の行き届いた工場生産品とは異なり、施工作業者の技術力に依存する部分が大きいと言えます。
タイル剥落事故は人命にも影響を及びかねません。

そのため剥落防止工法の重要性を深く認識し、実際の現場においての施工技術を習得したライセンス取得者による責任施工体制を確立しています。


保証について

保証期間中に、施工もしくは材料に起因するタイルの剥落が発生した場合は、当該箇所を無償で保証すること。
保証期間中に、施工もしくは材料に起因するタイル剥落が発生したことにより第三者に被害を与えた場合は、第三者への賠償の責を負うこと。施工はPL保険加入施工店による。

プラチナX 外壁材の洗浄剤 外壁の種類を選ばない環境対応型洗剤

ガラス・サッシなど焼けにくい

窓ガラスとサッシを同時に洗浄、薬品焼けは起こしにくい

無臭・低刺激

有機酸+フッ化カリウムを主成分とするので、塩酸・フッ酸系に比べて低刺激、職人の肌にも植栽にも優しい。【無酸洗剤ではありませんので作業時はゴム手袋、保護眼鏡を着用して下さい】

塩酸・フッ酸系洗剤と同様の洗浄力

有機酸系にもかかわらず塩酸・フッ酸にも負けない洗浄力

増粘剤により漬け置き剥離が可能

漬け置きすれば頑固なエフロも取れる

洗浄したい外壁材を選ばない

タイル(ラスター・パールタイルも可能)・レンガ・御影石・サッシ・窓ガラス・バナー仕上げ天然石も可能

プラチナX 洗浄前・洗浄後


プラチナX 紹介動画をご覧いただけます

プラチナX 標準仕様

主成分 有機酸・クエン酸・スルファミン酸・フッ化カリウム混合水溶液
摘要 タイル(磁器・ラスター・パール等)・レンガ・モルタル・御影石・大理石・大谷石・ブロック塀・プラスチック看板・表示板・ガラス・アルミサッシ・真鍮・金属表面・トタン・ガルバリウム鋼板・バナー敷石・墓石・外壁塗膜面・シーリング材表面
使用方法 原液を水で1/2に希釈し、ブラシ等で汚染面を磨き水洗いする。
頑固な場合は、原液をタイル面に付着させ、10分後に水で洗浄する。
使用上の注意 有機酸系の水溶液なので、爪が青く変色したり、触れただけで皮膚がピリピリするようなことはないが、洗浄時必ずゴム手袋等の保護具を使用してさぎょうすること。
また、目に入らぬよう保護眼鏡を着用すること。

ご使用上の注意

  • 使用にあたっては、保護眼鏡、保護手袋、保護マスクを使用すること。
  • アルカリ洗剤、酸性洗剤、塩素系洗剤、酸素系漂白剤、水以外の洗浄剤と混合しない。
  • 本来の洗浄以外の目的に使用しないこと。また、摘要以外の外壁材に使用しないこと。
  • 原液のタンクを直射日光のあたるところや、40度以上になる場所で保管しないこと。
  • 本品の付着した布、入れ物等は、水できれいにすすぎ廃棄すること。
  • 製品を使用する前に目立たないところで部分テストをし、濃度を決定して使用すること。
  • ガラス、サッシに付着した場合は水洗いにてきれいに流すか、乾燥した部分をカワスキ等で剥離すること。
  • 鏡面仕上げの石面には、曇ることがあるので使用しないこと。
  • 植栽にかかった場合は、高濃度の食塩水をかけた状態に近いため、十分に水洗いすること。




プラチナEX エフロ除去剤

モルタル・タイル等のエフロ・カビ除去、アク等の清浄

主成分:クエン酸・塩酸・有機酸水溶液

プラチナEX エフロ除去剤